An Episode in The Recordings of
"Yuming's Classics



Dear Ms. and/or Mr. Yuming Lover:

 

ユーミンのレコーディングにまつわるおはなし。

 

有賀恒夫

英語表記はTony Ariga

アメリカ人は、Tsuをうまく発音できない人が多いからです。

 私は、このサイトの主催者で、実は『荒井由実時代のユーミン』"Yuming's Classics" のアルバムを制作したプロデューサーです。当時は、ディレクターというタイトルで、録音制作に直接関わっていたことから、ここで、彼女のレコーディングにまつわるお話をしたいと思います。

ユーミンのアルバムをはじめて作ったのは、ちょうど彼女が19歳のときです。彼女はもともと、作家になりたがっていました。人前で自分が歌うなど、いやだと言っていた時期です。『いまに人前で歌うのが好きになるよ』と私は言っていたものでした。

その頃、彼女は、アルファ・ミュージックという音楽出版者に時々来ていました。彼女の非凡な才能に眼をつけた村井邦彦氏のもとへ、作品を持っていっては、作家としての活路を探っていたのです。まだ、本格的にデビューする少し以前、かまやつひろし氏のプロデュースでシングルを発表していることを、識る人は少ないかも知れません。自分もその一人ですから。『返事はいらない』『空と海の輝きに向けて』東芝EMIからです。

 

 

 

 

 

 

荒井由実時代のユーミン曲




"Yuming's Classics"

 


と呼ぼう。

その後、アルファ・ミュージック出版社の制作部門を独立させた新会社、「アルファ・アンド・アソシエイツM」に入社した自分は、 『ユーミンのデモ』(オーディション・テープ)を作るように社長の村井邦彦氏に依頼されました。それが、私とユーミンとの初めての出合いです。そして、あの歴史的な弾き語りデモ・レコーディングが始まったのです。曲目は忘れもしません。『紙ヒコーキ』『雨の街を』『ひこうき雲』の3曲です。当時の"STUDIO A"は、アメリカのウェストレイク・スタジオをモデルに、アメリカのエンジニアが作った、全く新しいコンセプトのスタジオです。その"STUDIO A"のまん中にスタィンウエィのグランド・ピアノを置き、マイクをたててレコーディングは開始されたのです。弾き語りですから、ピアノも歌も同時に録音します。緊張していたと思います、歌はそれほどうまくなかったですが、(ゴメン、今はうまいよ!、ユーミン)でも、とにかく楽曲の良さ、新鮮な感覚は、私たちの心をしっかり捕らえたのです。『ひこーき雲』の後半で、声を張り上げるところは、のどが壊れそうなくらいの声で心を打ちました。

実は、この時の弾き語り『ひこうき雲』デモ録音は、デビュー・アルバムのエンディングに収録されているのです。みなさん、おぼえているでしょ?一度fadeして、もう一度始まる 一番最後の弾き語り演奏ですよ!これは、全体を一つのトータルアルバムとして仕上げたかった自分の考えからです。もとをただせば、カーペンターズの『A Song For You』のエンディングのコピーでしたけれど。違いと言えば、カーペンターズの場合、同じテークをエンディングに持ってきただけですが、我がユーミンの場合、別テーク、それもオリジナル・弾き語りバージョンを持ってきたことです。

余談ですが、カーペンターズといえば、まだ、自分がアルファ・アンド・アソシエイツに入社する前、Los Angelesにいた頃のことです。少し郊外のグリーク・シアターで、彼等のコンサートを見た時の感激は忘れられません。レオン・ラッセルの『A Song For You』のカバーを収録したアルバムをリリースした時です。もう、FMラジオなどでは、たんまりオンエアーしていました。それで、夕方からすっかり夜になる頃、オープンシアターは、しずかな興奮に包まれています。コンサートはいよいよ始まりました。クリアなサウンドとクールな照明、楽曲と演奏の良さ、コーラスの美しさなど、私にとって音楽とパフォーマンスのすべてがそこにあったのです。カレンは、ドラムをたたきながらクールに歌います。レコーディングは、多重録音ですが、ステージではその分のBGコーラスを入れて、レコードそのままのサウンドを出していました。コーラスの隅々まで聴こえます。私は、この頃からコーラスが好きになりまして、後に『ハイファイセット』『サーカス』など、コーラス・グループのプロデュースを多くする切っ掛けとなりました。ユーミンの録音でもコーラスが多いでしょ?ユーミン自身のボイスによる多重録音コーラスのアレンジは、ほとんど私がやりました。その他の、達郎/吉田美奈子/大貫妙子コーラスは、山下達郎さんが、やりました。(今思えば、このBGコーラスと言い、細野晴臣/松任谷正隆/鈴木茂/林立夫のティンパンアレイ・バンドと言い、考えられないほどの豪華メンバーで、やったのですねえ。今やろうとしてもできないと思います。)

 豆知識: (英語では、バッハなどの古典を、
クラシカル・ミュージックClassical Musicと呼びます。それに対して、カーペンターズ、ビリー・ジョエルなど、昔の洋楽は古典とは区別してクラシックス Classicsと呼びます。)


そうそう、カーペンターズのステージ・パフォーマンスもすばらしかったけど、観客たちです。ジーンズのティーンネイジャーたちは、彼女と来たり、友だちどうしで来て楽しんでいましたが、白いタキシードを着てイブニングの女性と腕を組んで来ている老夫婦もいるのです。見れば大人が多い。オープンシアターですから、コンサートが始まる前は、ピクニック気分で、なごやかにシャンパンを飲むカップル、軽い食事をとる人などいます。こんなにファンの層がひろく、誰にでも愛される音楽/アーティストがアメリカにはいるのだなあ、と思い知らされたのです。美しいメロディーとコード進行の豊かさは、私を虜にしたのです。その当時の日本と言えば、大人の演歌、子供のフォークと決まっていたから、そのカルチャー・ショックは自分にとって大きなものでした。アメリカ人は音楽や芸術をアプリシエイトするから、優れたミュージカルや映画・娯楽が発展し、大人が楽しめるエンタテインメントが育つのだなあ、とつくずく想い知らされたのを覚えています。日本にかえってきてレコード会社に入ってからも、この時期の経験は自分の音楽に対する考え方を決める時に、とても役にたったと思います。

YUMING'S CLASSICS

カバーといえば、自分もその後、『ハイファイセット』『サーカス』などをプロデュースした時、この『タチアナ・ボサノバ・シリーズ』もそうですが、洋楽邦楽を問わず、人の作品をたくさんカバーしました。『オリジナル作品にない別のオリジナリティーを出せてこそ、カバーとしての存在価値がある。』と考えるようになったのも、この頃の想いが切っ掛けになっていると思います。


さて話は戻って、ユーミンのデモ曲の録音時の奏法は、今、時々彼女のライブで聴ける 『Unplugged』ものと同じです。ご案内の通り、このデモ録音3曲も、ティンパンアレーのバックアップで、デビュー・アルバムに収録されています。しかも、このデビュー・アルバムでは、彼女は自分でピアノを弾いています。ほとんど、弾き語り感覚ですね。彼女の曲のつくり方は、ほかのアーティストの曲とは違っています。フォークといえば言えないことはないですが、もっとちがった新しい感覚に溢れていました。コードワークの豊かさは、洋楽から来ています。

デモ録音を終了してから、社内でみなで聴きました。彼女が作った曲は、彼女が自分で歌うのが一番良いと考え、彼女をアーティストとしてプロデュースして行くことに決めたのです。


最初のアルバムは、それまでに彼女がつくって、ためていた作品ばかりでした。 これらの作品の完成度と言ったら、それは凄いものでした。アレンジは、キャラメル・ママ(ティンパン・アレイ)バンドの細野さん、松任谷正隆さんが中心になって、当時アメリカで流行っていたヘッド・アレンジの方法ですすめられて行きました。普通、アレンジャーは、家ですべてのオーケストラ・アレンジをスコアに書いて、写譜やさんに渡し、写譜やさんはパート譜を作ります。できたパート譜をスタジオでミュージシャンに渡すわけです。つまり、全部決めてからスタジオ入りするのですが、ヘッド・アレンジと言うのは、家でやってくるのは簡単なコード譜とアイデアくらいのもので、スタジオに入ってから、それぞれのミュージシャンの得意な奏法を見極めつつ、まとめてゆく方法です。時間はかかりますが、この方が活きた音楽ができると考え、実際そうでした。今の打ち込みは、一人の人が全部やってしまうので、単調になります。もっとも音楽によりますけどね。私は、昔の方法が今でも好きです。

Please Enjoy to Hear
Your Favourite Music !!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Best Wishes,
シティレコード 有賀恒夫


ボーカル・ダビングは、主に私とユーミンとエンジニアだけで行われました。現在の彼女のノン・ビブラート歌唱法は、それまでこまかいビブラートで歌っていた彼女への、私からのサジェッションでした。彼女の書物にでてくる『音程にうるさいディレクター』とは、実は私のことです。私は、音程(ピッチ)、気持ちの入れ様、どちらも大切で、特に音程は妥協できません。今みたいに、ピッチを修正するテクノロジーは無かったので、とにかく何度も何度もくり返し録音し、良いと言うまで続けます。ですから歌う方はたまったものではありません。彼女はのどが丈夫なほうでなかったので、私もひやひやしながら、ここでいいかな、もう一回やろうかな、と考えながら録音していったことを覚えています。

一度ユーミンは、スタジオの隅で泣き出したことがありました。当時からマルチ録音ですから、歌 も3〜4テークとり、それらのテークのうまく歌えた箇所をフレーズごとにつなげて聴きます。 その時、彼女は『そうやってフレーズごとにつなげたのでは、感じがつながらない。』と言うのです。私は、どこでつないだかなど、分からないようにつなぐのが仕事よと言って、譲らなかったのです。そのことが19歳の彼女を傷つけてしまったのです。今は、彼女も私と同じ手法で録音しているに違いありません。でも、当時の彼女は別の考え方をしていたのでしょう。『少しくらいの音程よりも、雰囲気のほうが大切。』という彼女の持論をまげて、私は、『音程だけはきちんとしなければだめ』と頑固をきめたのです。そして、今、CDになっている4枚のアルバムは、すべてこの手法で作り込んでいます。というより、世界中のほとんどのアーティストがこの方法で、録音し、Mixしているはずです。

アルバムは残るものですから、その時々に大切に作りこむと言うのが、制作側に課された使命と考えていました。こうしたアーティストとプロデューサーとの戦いは、考えてみるといつもあったのです。個性と個性のぶつかり合いです。ながい眼で見ればこのことによって、お互いの信頼がこわれることはありません。かえって高まるものです。当時作ったアルバムは、今聴いてもまったく新鮮です。当時、安易な妥協をしなくて良かったと思いますし、ユーミン、松任谷氏もそう思っていると信じています。

まるまる1年以上かけて作ったアルバム、そのときに燃えて作った、青春の瞬間の作品たち。アルバムは、『ひこうき曇』と名付けらました。

Written

by

Tony Ariga
Ps:『ひこうき雲』曲は、実は彼女の幼友達の死がテーマです。彼女にとって特別な曲です。「この曲は、デビュー・アルバム『ひこうき雲』以外での収録をしてほしくない」、というのが当時の彼女の希望でした。私が、アルファ・レコードにいた時は、ユーミンのコンピレーション・アルバムを数枚編成しましたが、
『ひこうき雲』曲だけは、どのコンピレーション・アルバムにも入れませんでした。私はその後、当ボサノバ・シリーズはじめ、大好きなユーミンの曲をいろいろな方法でカバーしましたが、『ひこうき雲』だけはカバーしないというのが、私の彼女に対する表敬と約束で、いまでもそれは守っています。
All Rights Reserved by Ariga Associates, Inc., Citi Records Div., Since 1999



『あの日にかえりたい』 『ロッヂで待つクリスマス』『卒業写真』『アニバーサリー』 

申し込み方法 / ミュージシャン / BBS / リンク / ユーミン’ズ・クラシックス・レコーディング・エピソード / トップページへ


All Rights reserved by Citi Records Div., Ariga Associates, Inc.
発売
: アリガ・アソシエイツ株式会社シティレコード事業部 担当:有賀恒夫
177-0053 練馬区関町南3-8-11-202
, Tel: (03)3920-1821, Fax: (03)3920-1830
製造:東芝EMI株式会社107-8510港区赤坂2-2-17

当サイトは 東芝EMIとユ−ミン事務所KIRARASHAのご好意により、東芝EMIユーミン公式サイトよりリンクを受けています。